令和初!生田緑地ばら苑、春の公開、2019年5月7日(火)〜5月26日(日)

目次

旧向ヶ丘遊園地、現在は生田緑地バラ園、春の公開のお知らせです。
春と秋の2回、約2週間限定の公開です。たくさんの種類のバラを見ることができるのでお勧めです!
中央のテント辺りでは芝生に座って、飲食ができます。
生田緑地ばら苑
住所:川崎市多摩区長尾2-8-1(旧向ヶ丘遊園内)
日時:2019年5月7日(火)~5月26日(日)まで
[平日] 10時~16時30分
[土日祝] 9時~16時30分
入苑無料
おすすめ度:★★★★
www.ikuta-rose.jp/
ikuta-rose.txt-nifty.com/
●旧向ヶ丘遊園地の跡地に春は800種=約3300株というたくさんのバラを無料で観覧することができます。芝生では飲食可能なので、ピクニック気分で1日楽しめます!
詳細はこちらをクリック!

藤子不二雄Museum脇から坂を上る入口と、もう1つ入口があるので紹介します。生田緑地内、かわさき宙(そら)と緑の科学館前の広場脇からも行けるので紹介します。SLのすぐ近くの階段を上ります。

こちらがSL脇の階段です。ここを上りましょう。

階段を上り突き当りを左に曲がります。

一度生田緑地から出て左に曲がります。

坂を下ると「おし沼」の交差点、ここをまっすぐ進み坂を上っていきます。

再び生田緑地に入り、道なりに進むとバラ園の裏門から入場できますよ!

バラ園は春と秋、2回2週間公開されますが、春の方がバラの種類、数が多いのでお勧めです!バラの多さ、美しさに圧倒されます。2週間はあっという間なので、なんとか無理してでも毎回見に来ています。最高です!

日差しが気になる方はテント内、そうでない方は芝生でくつろぎましょう。

春はつる系のバラがあり、秋はないので、春の方が多いとのことです。

上から眺めるとたくさんのバラが広い敷地に咲いていることが分かりますね。たくさんの方が来ていました。

藤子不二雄Museumの方から出ました。坂を下っていきます。この途中の坂の脇の敷地を見ると。。

こんな感じです。2023年、ここに温泉施設などがオープン予定です!楽しみですね。

春のバラ園は5月26日(日)までです!お早めに!

最新情報をチェックしよう!